購入前の下調べ

デザインを凝る

遠藤照明は、商業施設の照明をメインに発展してきました。その中で2009年にLED照明を発売し、その後は1年弱の間に1000種類近くのLED商品を発表しています。LEDの価格はオープン価格となっていることが多く、一般のお客様にはわかりにくいことが多いです。また、業者経由で購入する場合、業者の値引きの大きさによって購入価格は変動し、照明を取り付ける際の工事費も必要となることがあります。また、店舗の改修のときに業者が購入して取り付け、工事全体の価格として考えて、照明器具の価格として考えることは少ないでしょう。とはいっても、遠藤照明のLEDは特別に高いものではなく、商品の中では一般的な価格となっています。

遠藤照明のLED商品は、商品が美しく見えるように光の拡散方向などさまざま工夫がされており、遠藤照明のLEDの評判はとても高くなっています。また、遠藤照明の製品数も現在では3000種類に達し、さまざまシーンの照明に対応しています。豊富なラインナップから最適な照明器具を選べるということは、照明器具を選ぶ上で大きなメリットと言えます。さらに無線によるコントロールシステムを導入することにより、より少ない電力で明るい照度が保てるように工夫されています。照明自体もより少ない電力で照度を保てるように工夫されています。その双方を合わせることにより、遠藤照明のLEDを設置後は、とても少ないランニングコストで十分な明るさを確保できるようになっています。